HIFLY HF805 255/35R20 97W XL

キーワード検索

キーワード検索履歴

検索したキーワードを最大100件保存でき、リンクをクリックするとそのキーワードで検索できます。
また不要なキーワードは「ゴミ箱」ボタンで削除できます。

  • {{ number }}
TOPICS

HIFLY HF805 255/35R20 97W XL

送料無料
ネット注文価格 7,220円 (税込)
数量:
在庫:
100本以上
倉庫状況:
北海道:× 関東:○ 中京:△ 九州:○
:倉庫には十分在庫がございます
:倉庫の在庫が残り少なくなってきております
×
:倉庫に在庫がございません

■高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現し、北米、ヨーロッパをはじめ世界各国で販売されている人気ブランドHIFLY(ハイフライ)。
アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、欧州など各国の基準、規定に合格しています。
 
■HF805(エイチエフ ハチマルゴ)は、シリカを配合することで高速走行時でも安定した直進性能とコーナリング性能を発揮。それだけでなく、高い静粛性で快適な乗り心地も提供します。
 
■左右非対称パターンです。このタイヤの外側には「OUTSIDE」、内側には「INSIDE」と刻印があります。
「OUTSIDE」が車両に対して外側になるように装着してください。

■右用左用の設定はありません。

■【製造国】中国

適合車種一覧を見る

こちらの一覧はあくまで目安となりますので、
実際にお車に装着されているサイズの確認をお願いします

アウディ

A6 ABA-4GCRES ABA-4GCYG ABA-4GCYPS DAA-4GCHJS DBA-4GCDN DBA-4GCGWS DBA-4GCHVS
A6 アバント ABA-4GCRES ABA-4GCYG ABA-4GCYPS DBA-4GCDN DBA-4GCGWS DBA-4GCHVS
A7 ABA-4GCGWC DBA-4GCGWC DBA-4GCREC DBA-4GCYPC
A8 ABA-4EBHTF ABA-4EBPKF ABA-4EBVJF ABA-4EBVJL GH-4EBFLF GH-4EBFMF GH-4EBFML GH-4EBHTF GH-4EBHTN GH-4EBPKF
Q3 ABA-8UCCZF ABA-8UCHP ABA-8UCPSF ABA-8UCULB ABA-8UCULC ABA-8UCZD
RS Q3 ABA-8UCTSF ABA-8UCZGF
S6 ABA-4GCEUA

メルセデスベンツ

Sクラス CBA-221173[W/V221] CBA-221194[W/V221] DAA-221195[W/V221] DBA-221086[W221] DBA-221186[W/V221] RBA-221057[W/V221]

ボルボ

S90 DBA-PB420
V90 DBA-PB420

フォルクスワーゲン

ティグアン ABA-5NCAW ABA-5NCCZ DBA-5NCTH
ブランド名 HIFLY
パターン名 HF805
タイヤサイズ 255/35R20 97W XL
インチサイズ 20インチ
外径 683mm
タイヤ幅 259mm
推奨リム幅 9.00J
XL規格 空気圧について
タイヤタイプ コンフォート 回転方向なし イン・アウト指定 XL・RDF規格
オススメ車種 Sports.gif Sedan.gif MiniVan_Wagon.gif
HF805のレビュー
総合評価:
4.27 (258件)
ドライ性能
4.5
ウェット性能
4.3
高速性能
4.4
静粛性
4.2
乗り心地
4.4
ライフ:耐久性
4.0
燃費性能
4.2
キリン2501
評価:
4.3

エルグランドに前後同サイズで履かせました。
サイズの割りに静かで乗り心地も良いタイヤですね、しかしちょっと耐久性に難アリかな?と思います。
重量級のエルグランドで峠道でも不安なく走れる性能があるせいか一年目でスリップサインが出かかってます、少々飛ばし過ぎるのも原因でしょうが、値段が安いので毎年新品が履けると思えば悪くないかも?

Goodys15
評価:
5.0

アルファードのリヤ用で購入。255/35/20というサイズで,この値段は安く非常に助かります。静寂性や走行性能は申し分ないです。あと耐久性は年月がたたないと分かりませんが,これからじっくり確認します。

naru
評価:
4.5

評価は全て、直感と期待値を込めています。

お尋ねいたします。
日産ティアナCBA-J32の標準タイヤは、「205 65R 16 95S」で空気圧は前2.2(負荷能力655)、後2.0(負荷能力620)となっています。
今回のタイヤが「215 55R 17 98W XL」ということで、負荷能力を標準タイヤの値以上にするためには、前2.5(負荷能力665)、後2.3(負荷能力625)となります。
御社では、当該タイヤの空気圧は最大負荷能力750を発揮する2.9を推奨されておりますが、標準タイヤの負荷能力に近い空気圧、前2.5(負荷能力665)、後2.3(負荷能力625)にするよりも、前後とも最大負荷能力を発揮する2.9にするほうがタイヤ及び自動車にとってよりベターだと言うことですか?
前後とも2.9にした場合、乗り心地やハンドリングが悪化する。グリップ・ブレーキ性能が落ちる。タイヤの偏摩耗が起きる(センター部)。パンク・バーストしやすくなる。等の問題が発生する可能性はないでしょうか?
出来れば、前2.5、後2.3にする場合のメリット、デメリット。前後とも2.9にする場合のメリット、デメリットをご教示いただけないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

最近チェックした商品

中古車情報 グーネット中古車 タイヤ公正取引協議会会員です
AUTOWAY LOOPでのタイヤの買い方 AUTOWAY LOOPで購入したタイヤの取付店をお探す! マッチングや商品についてもっと知りたい
PAGE TOP
現在、
を取付店に選択しています。
×