NANKANG NS-2 225/45R17 94V XL (ナンカン) - 輸入タイヤ&ホイール通販ならAUTOWAY

NANKANG NS-2 225/45R17 94V XL

お気に入り登録
  • NANKANG NS-2 225/45R17 94V XL
  • NANKANG NS-2 225/45R17 94V XL
  • NANKANG NS-2 225/45R17 94V XL
  • NANKANG NS-2 225/45R17 94V XL
  • 4.08点
  • (207件)
  • +0
送料無料
ネット注文価格
6,870 数量:
在庫:
100本以上

倉庫状況:  北海道:× 関東:○ 中京:△ 九州:○

:倉庫には十分在庫がございます
:倉庫の在庫が残り少なくなってきております
×
:倉庫に在庫がございません

■台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。
常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。
世界180カ国以上での販売実績が証明するアジアンタイヤブランド。
 
■NS-2(エヌエスツー)は、ドライグリップ性能とウェット性能に優れたナンカンのフラッグシップスポーティータイヤです。機敏なステアリングレスポンス、スポーティーな運動性能と、快適性がうまくバランスされています。適度な静粛性も備えています。

■【製造国】台湾

  • 適合車種一覧を見る
ブランド名
NANKANG
パターン名
NS-2
タイヤサイズ
225/45R17 94V XL
インチサイズ
17インチ
外径
634mm
タイヤ幅
225mm
推奨リム幅
7.5J
XL規格
  空気圧について
タイヤタイプ ?
タイヤタイプ カータイプカータイプ
オススメ車種 ?
オススメ車種オススメ車種オススメ車種

NS-2のレビュー

総合評価:

4.08

(207件)
ドライ性能

4.4

ウェット性能

4.2

高速性能

4.3

静粛性

3.7

乗り心地

4.1

ライフ:耐久性

3.9

燃費性能

4.0

  • キャラアイコンh-k*******
  • 評価: 5.0

HEADPHONE
=======
レビュー本文
BMW Mスポーツ17インチに組込 ランフラットではないのでパンク対策必要ですが 格安でお奨めです 装着 10日ほどで耐久性は未知数ですがドライ・高速・静粛性はブリジストンと遜色有りません

  • キャラアイコンZ4
  • 評価: 4.6

 z4用の1本目NS-2を履きつぶしました。無茶な走り方をしたのに、2万キロ近く持ちました。まだ履けるけど、思い切り替えられるのがアジアンタイヤの魅力。普通の走り方をすれば、4万〜5万近くは走れるんじゃないでしょうか。
 純正18インチホイールに、Rは255/35R18、Fに225/40R18をZeetexで履き、もう1本は新しいBBSの17インチ225/45R17*4本にこのNS-2を履いて、タイヤを交換しながら走り比べてみました。(もう1本17インチの純正アルミがあるけど、オイラはアジアンタイヤ評論家でもないし、さすがに3本履き替えは諦めました。腰痛で自分で変えられないので・・・涙)
 結論、山道を早く走ったりしない人はZeetexで充分。耐久性は未知で、柔らか目のゴムだから4万そこそこかな?逆に、いざという時にタイトな走りを迫られる(大体は、早めにウインカー上げて後ろのゴロツキをやり過ごせばいいのだが)こともあり、安全を考えると、NS-2で。積極的に、きつめの流し運転をする人は、Zeetecでは怖くてしょうがないでしょう。秘策はひとつ、その時だけ、空気圧を3.4ぐらいにあげるのです。これは、バーストもさることながらタイヤの真ん中ばかり減るので、必ず2.9ぐらいにもどしてくださいね。自己責任で。3000円のタイヤでも結構グリップあります。
 でも自分はやっぱりNS-2が好きです。裏ワザ使わずとも、安心して乗れますから。ああ、zeetexのタイヤ、どうしよう。普通に乗ってれば、安くていいタイヤなんだけど。

  • キャラアイコンZ4
  • 評価: 4.1

BMWのZ4 E85(2004年式)に使用。結果から言いますと、とても満足しています。セカンドカーなので、雨の日は走りませんが、ドライ状態でのグリップは、この車と相性がいいのか、反応も良く、相当のグリップ力があり、気持ちよく走り、曲がれます。ただし、70キロ近くのスピードでタイトなコーナーを曲がると、ちょっと怖いです。国産の最上級のタイヤ(ブリジストンのポテンザ等)だったら、どうなんでしょう?かえって、NS-2はアジアンタイヤだという自覚があって、無理をしない分、安全と言えるかもしれません。時折は、「タイヤ泣かせ」の走りをしたりしますが、普段はセーフティーゾーンで、強めに「流す」という乗り方をしています。「攻め」はしません。人のいる時間帯では、膨らんで対向車線をはみ出したりはしません。とにかく、峠を走るのが楽しいです。轍にハンドルを取られるのは、タイヤと言うよりも、車の個性のよう。オープンだからやかましいですし、乗って半年なので、耐久性は☆3つ。3万キロは乗りたい。

レビューを書く
>全てのレビューを見る