MICHELIN PRIMACY 4ST 235/50R18 97W (ミシュラン) - 輸入タイヤ&ホイール通販ならAUTOWAY

MICHELIN PRIMACY 4ST 235/50R18 97W

お気に入り登録
  • MICHELIN PRIMACY 4ST 235/50R18 97W
  • MICHELIN PRIMACY 4ST 235/50R18 97W
  • MICHELIN PRIMACY 4ST 235/50R18 97W
  • MICHELIN PRIMACY 4ST 235/50R18 97W
  • 4.50点
  • (3件)
  • +0
送料無料
ネット注文価格
21,870 数量:
在庫:
36

倉庫状況:  北海道:× 関東:× 中京:× 九州:○

:倉庫には十分在庫がございます
:倉庫の在庫が残り少なくなってきております
×
:倉庫に在庫がございません

■フランスの大手タイヤメーカーMICHELIN(ミシュラン)。世界3大タイヤメーカーの1社。安全性、快適性、耐久性に優れたバランス設計に定評があり、世界のさまざまなカーメーカーに純正装着タイヤとして採用されています。

■Primacy 4ST(プライマシー フォーST)は、タイヤに求められるすべての性能を高い次元で実現し、履き始めから履き替え時まで安心して使用できる機能性と安全性のさらなる向上をめざして開発されたプレミアムコンフォートタイヤです。

■左右非対称パターンです。このタイヤの外側には「OUTSIDE」、内側には「INSIDE」と刻印があります。
「OUTSIDE」が車両に対して外側になるように装着してください。

■右用左用の設定はありません。

■【製造国】タイ

  • 適合車種一覧を見る
ブランド名
MICHELIN
パターン名
PRIMACY 4ST
タイヤサイズ
235/50R18 97W
インチサイズ
18インチ
外径
693mm
タイヤ幅
244mm
推奨リム幅
7.5J
XL規格
×  空気圧について
タイヤタイプ ?
タイヤタイプ カータイプ
オススメ車種 ?
オススメ車種オススメ車種

PRIMACY 4STのレビュー

総合評価:

4.50

(3件)
ドライ性能

4.7

ウェット性能

4.3

高速性能

4.3

静粛性

4.5

乗り心地

4.7

ライフ:耐久性

4.7

燃費性能

4.3

  • キャラアイコンph1*******
  • 評価: 4.1

注文から取り付け、スムーズに行っていただけました。

タイヤに釘が刺さっており、空気を入れて抜けては誤魔化しで1週間なんとかしのいでいる状態でしたが、素早い対応で助かりました。

某カーショップで見積もりしていただいたところ、取り付け料込みでこちらよりも5万円高かったです。

知り合いにもおススメできる内容でした。

また何かタイヤに関して、トラブルが起きれば、ここを利用したいと思います。

  • キャラアイコンmis*******
  • 評価: 4.7

注文から5日で取り付け終了しました。
注文から自宅近くの取り付け工場を選択できて楽ちんでした。
ただ、タイヤの汚れがひどかったです。
これは、もともと汚れていたのか、取り付け工場でよごれたのかは分かりません。
取り付け工場で簡単に洗ってもらえれば分からないことではありますが、まるで中古タイヤに見えました。
取り付け後の帰りの乗り心地は、柔らかくていい乗り心地でした。
まだ、高速とウェットで乗っていないので4点にしました。

  • キャラアイコンots*******
  • 評価: 4.7

195/65-15はプライマシー3と同様、STで、どこで買ってもSTだと思います。STはサイレントチューンの略で、快適性重視、主にタイで製造しており、非STはドイツ、イタリア、スペイン等欧州で製造、高速安定性がより優れている、と言われています。
ドレッドパターンや溝の太さなど微妙に違います。
このショップはSTをきちんとSTと表示して販売しているので、好感が持てます。
2000キロ走行したのでインプレ更新します。
クルマはスバルトラヴィック。エナジーセイバープラスからの履替、空気圧冷間時2.5、街乗り1、高速9です。
ミシュラン特有の「足袋を履いたような」感じが最初の印象。路面の状況をリアルにステアリングに伝えます。
レグノGRVやトーヨーMP4も履いたことがありますが、これら国産タイヤは、履き始めから滑らかなビロード感があり、高性能クッション底スニーカーのような感じに対し、ミシュランは足袋のリアルさで路面を舐めていきます。これが、ヒトによっては「ベタベタ」する感覚になるのかなと。好き嫌いが出るところかなと思います。
履き始めはコンフォートらしからぬざらざらした感触がありましたが、600キロを超えたあたりから、全体的に静かにスムーズになってきました。かなり静かです。
高速域での安心感はSTでもさすがです。
レグノのGRVに乗り心地が似てます。しっかりグリップして走るというより、柔らかスムーズに走っていきます。高速域の直進安定性や高速カーブの胸のすくような爽快な安心感は薄いですが、不安感は一切ありません。ウエット路面も経験しましたが、ドライと何ら変わりません。高速性能とウエット性能はGRVより優れているような気がします。
ハンドリングはややだるく、エコタイヤに感じる氷の上をすべるような空走感も薄いです。燃費はエナジーセイバーの方が良さそうです。
コンフォート仕様がお好みで、それなりに飛ばすこともある方にはばっちり合うと思います。柔らかな乗り心地が好みでない方、きびきびしたハンドリングが好みの方は、STは合わないかもしれません。

レビューを書く
>全てのレビューを見る