NANKANG ESSN-1 195/65R15 91Q スタッドレス - タイヤ&ホイール通販ならAUTOWAY

NANKANG ESSN-1 195/65R15 91Q スタッドレス

お気に入り登録
  • NANKANG ESSN-1 195/65R15 91Q スタッドレス
  • NANKANG ESSN-1 195/65R15 91Q スタッドレス
  • NANKANG ESSN-1 195/65R15 91Q スタッドレス
  • NANKANG ESSN-1 195/65R15 91Q スタッドレス
  • 4.28点
  • (190件)
  • +0
2018年製早割5%OFF
ネット注文価格
5,880 数量:
在庫:
100本以上

関東:○ 中京:× 九州:○

■台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。
常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。
世界170ヶ国での販売実績が証明するアジアンタイヤブランド。
 
■ESSN-1は、強力な氷雪上性能を発揮するスタッドレスタイヤです。トレッド面の材質に天然カーネルパウダーを使用する事で、氷上での摩擦力を強め、冬季のあらゆる路面で優れた性能を発揮し、コーナリング性能、直進安定性、快適性にも優れています。

■左右非対称パターンです。このタイヤの外側にはOUTSIDE、内側にはINSIDEと刻印があります。OUTSIDEが車両に対して外側になるように装着してください。右用左用の設定はありません。

■【製造国】台湾

  • 適合車種一覧を見る
ブランド名
NANKANG
パターン名
ESSN-1スタッドレス
タイヤサイズ
195/65R15 91Q スタッドレス
インチサイズ
15インチ
外径
635mm
タイヤ幅
195mm
推奨リム幅
6J
XL規格
×  空気圧ついて
タイヤタイプ ?
タイヤタイプ カータイプ
オススメ車種 ?
オススメ車種オススメ車種オススメ車種

ESSN-1スタッドレスのレビュー

総合評価:

4.28

(190件)
ドライ性能

4.2

ウェット性能

4.2

高速性能

4.2

静粛性

4.3

乗り心地

4.5

ライフ:耐久性

4.1

燃費性能

4.2

氷雪上性能

4.5

  • キャラアイコンまよ
  • 評価: 4.4

急な豪雪予報に備え購入。
52PHVの純正ホイールの装着しましたが、
純正のホイールが中国製で、
元々バランスの精度が悪かったようで、
こちらの商品のアンバランスと合わさり、
70gなどの表記が出て正直うんざりしました。

結局のところ軽点を無視し何度か回して、
最終的には40g程度に収めることが出来ました。
その後、高速道路にて100㎞/hを超えても異常はなく、
問題なく走行できていますが、
気分的にはあまり良く思っていないところです。

性能的には急な登坂路で停止したりしなければ、
問題ないのではないでしょうか。
登り坂で対向車がスピンしたため、
回避するために停車すると空転して登れなくなり、
平たん路まで後退して速度付けて登りきりました。

完全なアイスバーンでしたが、
下り坂ではしっかり路面を掴んでいたため、
後ろのバッテリーが重いPHVの特性やFFという
悪条件が重なって登れなかったかもしれません。

なんにせよ、一般道を走ったり、
高速道路を走行するには何ら問題ありませんでした。

そして、そんな細かいことを無視出来るほど、
価格の安さ、大量在庫がウリなタイヤだと思います。

  • キャラアイコンdan*******
  • 評価: 4.0

昨年末に今までのダンロップからの履き替えとなります。
ダンロップは3シーズン履いて終了です。
アジアンタイヤのスタッドレスの実力がどの程度あるのか、試しに履いてみました。

積雪路はダンロップと同等かそれ以上でした。
FFのミニバンでも問題なく走れます。

但し、アイスバーンの上り坂はなんとか登れる程度。
咋シーズンはダンロップスタッドレスで大雪が降ってしまい、先行車が急な上り坂で止まってしまったので、自力では上れず押してもらいました。

これは国産タイヤでもアジアンタイヤでも、あまり変わらないと思います。

タイヤ交換の際に、ダンロップ、横浜、ブリジストンとゴムを触ってみたのですが、ナンカンスタッドレスはブリジストンに1番近く、とても柔らかいです。
その代わりに走っている時に、ダンロップのスタッドレスよりもふらつきが大きいようです。
今シーズン履いてみて、磨耗がどれくらいなのかで総合評価出来ると思います。

今のところ、国産スタッドレスタイヤと遜色ないように感じました。

  • キャラアイコンつよちん
  • 評価: 3.8

2017.12 今年の冬で3シーズン目になります。
車はRF3 FF ステップワゴン。月/2000km位走行。
関東南部住まいなので積雪も有って年に数度。それ以外は北関東や東北地方の温泉めぐり等での雪道走行です。スタッドレス使用期間は冬期12月から3月いっぱい。この条件でのレビューになります。
普通に除雪した圧雪路では何ら坂道も問題なく発進、停車出来ます。
当然ですが、ワダチも無い4~50cm位の積雪では走れません。
雪道走行よりもドライ走行が多い土地柄、普段から空気圧は高めに入れてます。(前2.5 後ろ2.6)そのせいか、柔らかいナンカンはタイヤのセンター減りが目立ち今期冬の3シーズン目が限界かなぁ〜って感じです。標準空気圧ならばこの様なセンター減りも起こらないのでしょうが、燃費やドライ高速走行時の柔らかいタイヤ故の、ぐにゃり感が少しでも改善されればとの思いでそうしています。積雪路走行時には標準空気圧にしています。

レビューを書く
>全てのレビューを見る