タイヤの保管方法について - 輸入タイヤ&ホイール通販国内最大級AUTOWAY(オートウェイ)

タイヤの基礎知識

タイヤの保管方法について

タイヤは自然な劣化をなるべく抑えることで長持ちさせることができます。タイヤはゴムでできています。そのため、自動車に装着して使用していないときでも、自然と徐々に劣化してしまいます。劣化のスピードは保管方法によって大幅に変わります。下記のタイヤ保管の注意点をご確認ください。


  • 雨に打たれる場所や湿度の高い場所では、ゴムの劣化が早まり、タイヤ内部のスチールコードが劣化する原因にもなります。

  • タイヤは紫外線にさらしたり、高温の場所に長期間置いておくと、ひび割れなどの劣化が起こります。カバーなどをかけて涼しい場所に保管してください。

  • モーターやバッテリーなど、オゾンが発生する機器の近くでの保管は避けてください。

  • ゴムは性質上、油との相性がよくありません。ガソリン等が付着している場合は洗い落とし、タイヤワックスをかけている場合は、ふき取ってから保管してください。

  • タイヤは自動車を支えるために高い空気圧がかかっています。タイヤをホイールに装着したまま保管する場合は、空気を抜いて内圧を弱め、ゴムの劣化を防いでください。ホイールからはずしてタイヤを保管する場合は、変形を防ぐため、できる限り縦置きにして保管してください。平積みの場合は、時々順番を入れ替えて、下になるタイヤが変形しないようにしてください。

※タイヤは、保管前にきれいに洗浄し、完全に乾いた状態でタイヤカバーをかけて保管すると、よりタイヤの劣化を防ぐことが
 できます。

※ただし、適切に保管していたタイヤでも、長期保管をしたタイヤについては、劣化によって安全な走行が出来ない状態になって
 いる場合もあります。ご使用の前にしっかりと点検を行い、安全なタイヤであることを確認してから使用してください。